初心者のためのマイレージ完全ガイド!貯め方、使い方、お得に貯める方法を徹底解説!

  1. マイルは航空会社のポイント制度!
  2. マイルを貯めれば飛行機で旅行に行ける!
  3. マイルをカンタンに貯める方法は4つある!

マイル貯めてますって話を最近よく聞きますよね。

「マイルで海外行った!」とか、「飛行機に乗らずにマイルを貯めてます!」

といった感じです。

「マイル」とか「マイレージ」と言われていますが、カンタンにいってしまえばANAやJALのポイント制度のようなモノです。

飛行機に乗るとマイルポイントが貯まって、マイルポイントが貯まると航空券などに換えることができます。

とはいえ、飛行機に乗らないと貯まらないはずの「マイル」をみんなが貯めてるのって何か変じゃないですか?

「みんな、そんなに普段から飛行機乗ってるの?」って。

実はマイルって、飛行機に乗るだけでなく、ほかにもいろいろな方法を使ってマイレージを貯める事ができるんです。

だから、ものすごく貯めやすい。

そして、マイルを貯めるの一番の魅力は「特典航空券」といって、無料で発行できる航空券(チケット)に交換することです。

つまり、マイルを貯めれば飛行機で国内や海外に旅行に行けてしまうんです。

しかも、やってみると分かるんですが、思っているよりも本当に簡単にマイルは貯められます。

ほぼ飛行機に乗らないにもかかわらず、マイルを貯めている人がたくさんいるくらいです。

ここでは、マイレージの基礎知識や貯め方、使い方、はじめてでも年に1回は海外旅行に行けるようになるマイレージの貯め方について解説をしていきます。

そもそもマイレージってなに?

まず、マイレージ=マイルは、航空会社のポイントシステムようなものです。

一般的には、ANAとJALのマイレージシステムのことをいい、ジェットスターやピーチといったLCC(格安航空会社)にはありません。

ANAであれば、「ANAマイレージクラブ」(AMC)、

ANAマイレージクラブサイト画像

JALであれば、「JALマイレージバンク」(JMB)です。

JALマイレージバンクサイト画像

どちらも入会は無料、登録のみでマイルを貯められます。

マイレージは航空会社のポイントシステムと同じ

マイレージは、スーパーや薬局のポイントカードが買い物をすると貯まっていくように、飛行機に乗った距離に応じて貯まります。

ポイントカード

そして、貯まったマイルは主に「特典航空券」に換えるのが最も人気があります。

「特典航空券」とはマイルで発行できる航空券。

予約さえ取ることができれば国内や国外のどこにでも行くことができます。

JAL特典航空券ページ画面

特典航空券は現金で航空券を買うよりも格段に安く買えることもあって、最近ではマイルを貯める人が激増しています。

たとえば、普段プライベートでは乗ることができないようなビジネスクラスや、比較的航空券が高額になる連休などにも使う事ができます。

マイルは商品券や景品などにも交換することができますが、交換価値が最も高くなるのが特典航空券です。

マイルを貯めるとハワイに行ける?

特典航空券は、行き先によって必要マイル数が変わります。

たとえば、ハワイの特典航空券が35,000マイルから取ることができたり、ビジネスクラスを60,000マイルで取ることができたりします。

ANA特典航空券ハワイ必要マイルチャート

3万とか6万マイルと言われてもあまりピンと来ないと思いますが、思っているよりもカンタンに貯まってしまうのがマイルの魅力の一つです。

その理由は、飛行機に乗って貯める以外にもマイルを貯める事ができるからです。

むしろ、飛行機に乗らない方が貯まってしまうのがマイレージの面白いところでもあります。

マイレージを貯めるメリットとは?

マイレージを貯めるメリットの90%以上が特典航航空券です。

つまり、マイルを貯めるのは無料の航空券である特典航空券を手に入れるのが目的ともいえます。

順番に話していきますが、飛行機に乗る事以外でも貯める事ができるマイルは、クレジットカードを使ったりポイントサイトを利用する事でも貯められます。

たとえばクレジットカードは1%程度の還元率で使う事ができるので、現金で買うよりも少しお得に買い物をすることができます。

とはいえ、1万円の買い物に対して100円が戻ってくるだけなのであまり得した実感を得ることができません。

一方、クレジットカードの還元をコツコツマイルに換えていくと、知らない間にマイルが貯まって旅行に行ける分だけのマイルが貯まっています。

現金と現金還元とまいる還元の比較イメージ

普段の生活に、「定期的に旅行に行けるご褒美」が加わるのは嬉しいと思いませんか?

また、特典航空券は自分だけでなく、家族で使う事もできるので家族旅行や両親を連れて旅行にいくといった使い方もできるのが魅力です。

マイレージのデメリットは?

マイルを貯めるにあたってのデメリットはほぼありません。

どうしても飛行機に乗れない人や、絶対に飛行機に乗らない人、旅行が嫌いな人であればマイルを貯めるメリットはありません。

その場合は、マイル還元ではなくキャッシュバック(現金還元)を中心に生活を組み立てる必要があります。

唯一、マイルを貯めるデメリットをあげるとすれば、いろいろと覚えることが増えることです。

マイルを貯めるためには飛行機に乗るだけではあまり貯めることができません。

基本的には移動距離に応じたマイル数しかもらうことができないので、普通に貯めていてもあまり貯まらないからです。

そのため、マイルを貯めるためのコツを覚える必要がでてくるのが理由です。

飛行機に乗るだけで貯めようと思うと、かなりの回数をのらなければなりません。

たとえば、羽田から那覇までを一般的な割引航空券(運賃7)で購入すると、受け取れるマイルは738マイル。

往復でも1476マイルです。

羽田那覇のマイル計算

特典航空券でハワイに行くために必要な最低マイルが35,000マイルだとすると、羽田-那覇を23往復もしなければならない計算になってしまいます。

仕事で飛行機を利用したり、特別な理由が無い限りはそれほど頻繁に飛行機を利用する事はありません。

そのため、効率的にマイルを貯めるにはクレジットカードを使ってマイルを貯めたり、キャンペーンやポイントサイトを使ってマイルを貯める方法を覚える必要があります。

キャンペーンやポイントサイトはマイルを驚くほどカンタンに貯められる反面、覚えるまでが少しタイヘンです。

特に、パソコンやインターネットが苦手な人には、ネットで調べながらやっていくとしてもタイヘンな作業に感じてしまうことがあります。

ですので、まずは初心者がマイルを貯めるために最も効率が良く、カンタンな方法から始めることをオススメします。

せっかくやるのであればカンペキにやりたいと感じてしまうかもしれませんが、これだけでもハワイのビジネスクラスに乗れるくらいのマイルをカンタンに貯める事はできますので安心してください。

マイルはどうやって貯めるの?

基本的なマイルの貯め方は、飛行機乗ることです。

飛行機乗ると、移動距離に応じてマイルが貯まります。

マイルは距離の単位である「マイル」と同じ意味で、飛行機で移動した距離に応じてマイルが貯まります。

たとえば、ANAであれば羽田から那覇に一般的な航空券で飛行機に乗ると738マイルが貯まります。

羽田那覇のマイル計算

マイルは、

  • 利用運賃 – 航空券の種別
  • マイレージクラブカードの種別 – カードの種別
  • メンバーステータスの種別 – ステータス

によって、貯まるマイルの「量」が変わってきます。

とはいえ、普段から頻繁に飛行機に乗る人はまだしも、年に数回しか飛行機に乗らない人はマイルを貯める事ができません。

そこで、飛行機の乗って貯めるフライトマイル以外でマイルを貯めるのが一般的なマイルの貯め方になります。

マイルを貯める4つの方法

マイルを貯める方法は、大きく分けて4つの方法があります。

  1. フライトマイル – 飛行機に乗る
  2. 還元マイル – カードを使って貯める
  3. キャンペーンマイル – キャンペーンで貯める
  4. ポイントサイトマイル – ポイントから貯める

マイルを積極的に貯めているほとんどの人が、飛行機の乗って貯まるフライトマイル以外でもマイルを貯めています。

これらを合算することで、たくさんのマイルを貯める事ができるようになるからです。

たくさんあるので複雑に感じてしまうかもしれませんが、飛行機に乗る以外でも貯める事ができるのが分かればOKです。

マイルを貯める4つの方法

マイルを貯める事において興味深いのが、飛行機が一番貯まりづらいことです。

逆に、一番関係がなさそうなポイントサイトから貯めるのがカンタンになっています。

ポイントサイトとは、いわゆる「陸マイル」と言われているマイルの貯め方です。

順番にやっていけば大丈夫なので、今の時点では4つの方法を組み合わせてマイルを貯めていくと覚えておけば大丈夫です。

マイルは何に使えるの?

貯めたマイルは、主に特典航空券として使います。

特典航空券が最も高還元でマイルを使う事ができるのが理由です。

マイルは特典航空券の他にも、

  • 提携ホテル、レストラン
  • カタログ商品
  • EdyやIDなど、提携ポイントへの交換
  • スカイコイン(ANAの中で使えるお金のようなモノ)

といったものにに交換することができますが、特典航空券に使うのが最もお得に使う事ができます。

マイルの交換先

例外として、特典航空券が取れなかったり、PP(プレミアムポイント)を目的にする場合はスカイコインに換えて航空券を買うこともあります。

特典航空券は本当に取れるの?

せっかくマイルを貯めても特典航空券が取れないという話を聞いたことがあるかもしれません。

マイルを貯めても旅行に行けないとなると意味が無いんじゃ、、、。

と思っていまいますよね。

特典航空券が取りにくいのは、

  • 正月、ゴールデンウィーク、お盆、クリスマスのシーズン
  • 3人以上の旅行
  • ハワイなどの人気路線

となります。

特典航空券は空席があれば取れるわけではありません。

1便に対して特典航空券のための席数が決まっているといわれていて、人気路線や休暇シーズンの予約枠はすぐに埋まってしまいます。

ですので、これらの条件ではかなり取りづらくなります。

逆にいえば、旅行日程を少しズラすだけでかなり取りやすくなります。

特典ビジネスの予約画面

マイルを効率的に貯めるには?

マイルを貯めるようになると、より効率的に大量にマイルを貯めたくなります。

マイルは4つの方法で貯めることができて、それぞれにマイルを多く獲得する方法があります。

全てを実践しているとキリがないので、効率の良い順番にやっていくことをオススメします。

最も効率が良いのは、ポイントサイトを利用する方法です。

ポイントサイトでポイントを貯めて、マイルに換えるのが最も効率が良いからです。

たとえば、特典航空券を使って夫婦で台湾旅行に行くために必要なマイルは、

20,000(マイル)×2(人)=40,000(マイル)

となります。

40,000マイルをを貯めるためには、飛行機、カード、キャンペーン、ポイントとそれぞれの難易度が全く違います。

  • 飛行機 – 羽田-那覇往復(1476マイル)×約27回
  • クレジットカード – 4,000,000(万円)の決済×1%(還元率)
  • キャンペーン – ※ANAダイナース発行+3ヶ月で100万円の決済
  • ポイントサイト – 新規クレジットカード3枚発行

同じ40,000マイルを貯めるのにも、ポイントサイトが圧倒的に難易度が低いですよね。

そもそもポイントサイトって何?

ポイントサイトでは様々な「案件」があり、これらをクリアすることでポイントを貯める事ができます。

また、貯めたポイントはマイルに交換することができます。

具体的には、

  • クレジットカードを作ると10,000ポイントがもらえる
  • FXの口座を開設すると15,000ポイントがもらえる
  • 飲食店で食事をしてアンケートに答えると2,000ポイントがもらえる
  • 飲み会などの集まりの幹事をして20,000ポイントがもらえる

といった案件がたくさんあります。

条件が簡単なものもあれば難しいものもありますが、年に2-3枚のカードを発行するくらいならカンタンです。

さらに、夫婦で1枚ずつ発行するならさらに難易度は下がります。

1案件で数千ポイントがもらえる案件だけでなく、

  • アプリをインストールして100ポイントがもらえる
  • アンケートに答えると1問につき1−2ポイントがもらえる

といったシンプルな案件もたくさんあります。

貯めたポイントはマイルに換えられる

そして、ポイントサイトで貯めたポイントはマイルに交換することができます。

この方法を使うと、

  • 飛行機に何十回も乗る
  • 数百万円をカードで使う

といった方法で貯まるマイルとは比較にならないほど手軽に、マイルを手に入れる事ができてしまいます。

このような理由があって、最近では飛行機に乗らずにポイントサイトでマイルを貯める「陸マイラー」が増えてきています。

マイルを貯めるならポイントサイトは外せない

飛行機に乗る機会があればフライトマイルも加算します。

普段の決済はマイル還元率の良いカードで決済をして少しでもマイルを増やします。

マイルを大量に獲得できるキャンペーンがあれば、シッカリと利用します。

そして、ポイントサイトからも定期的にドンとマイルを稼ぎます。

これらを全て組み合わせてマイルを貯めていくことで、普段のお小遣いからでは絶対にムリだと思っていた「ヨーロッパ周遊旅行」や「ビジネスクラスでハワイ旅行」、「ファーストクラスで世界一周旅行」といった旅行が現実になるのがマイルを貯める魅力です。

ANAマイレージクラブ積算マイル画面

Scroll to Top